未分類

綺麗に痩せたいなら筋肉も付けましょう

痩せたいという思いは多くの人が願っていることですが、ただ体重を落とすだけでは美しく痩せることはできません。
痩せたいという願いを持っている人の多くは体重を減らすだけでなく美しいプロポーションになりたいと思っているでしょう。
そのためには体重を減らすことではなく脂肪をどのようにして燃焼させていくかが重要になってきます。

ただ体重だけを減らしても若々しさが失われてしまっては、美しくなるという本来の目的が達成されませんし、極度に痩せてしまうと健康的な生活を送ることが難しくなることもあります。
そうならないためには脂肪だけを減らして、筋肉をしっかりとつけることが大切です。
筋肉は重さがあるので、筋肉がつくことで体重が増えることもあります。
体重が増えても美しい体のラインを作ることができるのが筋肉の良さです。

筋肉をつけながら痩せるためには食事内容に気をつけて運動をする習慣をつけるという方法が基本になります。
筋肉をつけた身体は必要な部位に膨らみがでて、細くなっているほうが良いところは引き締まっているというメリハリボディーを作り出すことができます。
また筋肉は脂肪よりも基礎代謝が高いという特徴があるので、何もしていなくても消費されているカロリーが多い痩せやすい体に変化させることができるというメリットがあります。
基礎代謝はダイエットが終わった後にリバウンドをしてしまうかどうかに関係をしてくるので、非常に重要なポイントです。

ダイエットをして体重を減らしながら筋肉をつけるためには、運動と食事に気をつけることが大切です。
食事内容に関してはカロリーを抑えながら良質のタンパク質を摂取することが重要で、タンパク質は筋肉を作る元になる重要な栄養素です。
タンパク質がとれる食材としては肉類が中心になりますが、良質のものをとるようにするには脂肪分の少ない赤身の肉を選ぶと脂肪分やカロリーを抑えながらタンパク質をしっかりととれるでしょう。

筋肉に必要な栄養素を摂る

ただ痩せたいというだけではなく、若々しさを保ったままメリハリボディーを手に入れるためのダイエット方法としては、運動と食事の組み合わせが必須です。
しかし、特に女性は運動をして筋肉をつけることを嫌う傾向があります。
きれいに痩せたいだけで、ムキムキになりたいわけではないというのがその理由ですが、筋肉をつけるためのトレーニングを少々したからといって、すぐにムキムキにはなりません。
そこまでの運動の強度は必要ないので、それよりも食事に気を使う方が賢い判断と言えます。

筋肉を作るためには良質なタンパク質を摂取することが大切です。
肉にはタンパク質が多く含まれますが、中でも脂肪分の少ない鳥のササミや、牛肉でもサーロインやカルビよりもヒレ肉を選ぶようにすると良いです。
その他スルメやヨーグルトなども高タンパク質の代表格なので、積極的な摂取を心がけます。

大豆や豆乳も植物性のたんぱく質を手軽に摂ることができるのでおすすめです。
一種類だけではなく、いろいろな食物からバランスよく摂取すると飽きも来ず、効率よく筋肉をつけることができます。
筋肉がついてくると基礎代謝は上がり、何もしなくても消費するエネルギーは増えます。
また、運動をしたときに消費するカロリーも増加するため、太りにくく痩せやすい体に変化することが可能です。

食事はトレーニングの2時間ほど前に済ませるようにしたいです。きちんと消化されてから運動するよう心がけます。
トレーニングの後は、できるだけ素早くタンパク質を補うと良いです。傷ついた筋肉に良質なタンパク質を届けてあげます。
食事の内容やタイミングに気をつけて筋肉をつければ、メリハリの利いたボディーを若々しさをキープしたまま手に入れることができます。
美しく痩せたいと願うなら、筋肉をつける事はとても重要です。